5分でわかる電話占い豆知識:占いの歴史

最近非常に電話占いが注目されています。電話占いの歴史は1991年ごろまで遡ります。ダイヤルQ2サービスが、電話占いの発祥とも言われています。1992年にはコレクトコールによる電話占いが始まりました。コレクトコールの電話占いは、法人経営でなく個人経営のものが多いものでした。また相談者の自宅の電話に占い師の先生が電話してくると言う形式だったのです。自宅の電話にかかってくるために、あまり家族に聞かれてまずいような深刻な相談はできず、現実はあまり普及しませんでした。一部の占いマニアが利用するだけにとどまっていました。しかし2000年ごろから、携帯電話が普及し、一人に一台携帯電話を持つような時代になりました。そのことで電話占いが非常に世間に浸透していったのです。電話占いの歴史はまだ浅いものであるのです。しかし今後ますます世間に浸透していき、電話占いは歴史に名を刻むことでしょう。電話占いが世間に浸透した理由の一つに、手軽さがあります。24時間受付のものも多く、時間を選ばず相談できるのです。また昔のように予約して、占いの館に赴く必要もないのです。介護や子育てで家を空けられない人、受験勉強が忙しい人、仕事が多忙で空いた時間は深夜しかない人などにも非常に利用しやすいものとなっているのです。また電話占いであるからと言ってその占術が限定的でないところも魅力です。西洋占星術、東洋占星術、水晶占い、タロット占い、遠隔透視、遠隔霊視、思念伝達と様々なジャンルのものを電話占いで受けることができるのです。また電話占いは対面式では実施されません。そのため相談している姿を他人に見られたり、相談内容を盗み聞きされる心配が一切ないのです。そのため深刻な悩み、友達にも打ち明けられない悩みなどをオープンに話し、相談を持ちかけることができるのです。そのため多くの世代の人から電話占いは愛され、親しまれているのです。今後もますます利用者は増え続けるでしょう。